ナンパ×風俗。どっちがお得?

ナンパのメリット

ナンパは風俗とかでお手軽に性欲を解消してもらうよりも、コストが安くなる点がメリットと言えます。

ちゃんと本番がある風俗に行くと、最低でも2万円ほど、一時間前後で必要になります。

ナンパはというと、飲み代で3、4千円にラブホ代、という感じです。

ラブホ代は、2、3時間なら5千円もいかないでしょう。

合計でも1万円以下です。

実際のセックスの時間に当たっては、風俗と違って、ホテル代さえ出せば時間の制限はありません。

一夜で、何度も女の子を求めてもOKというわけです。

また、ナンパの多くは一夜限りのセックスになることも多いですが、連絡を取り合うようになった女のことは昼間に会って、ラブホのフリータイムで10時間以上セックスを楽しむこともできるのです。

「女の子と関わり合いになるのが面倒」と思われるかもしれません。

これはナンパの目的を、多くの女の子と関わるか、彼女を作るかで異なってくるところですが、基本的にこれは気にしなくても大丈夫です。

こちらから連絡先を聞いたり、連絡を取らない限り、相手から連絡がくることはあまりありません。

一夜限りの目的でナンパしていたら、一夜限りになることがほとんどです。

風俗のメリット

風俗のメリットは、なんといってもお手軽に女の子で性欲解消ができることでしょう。

ナンパが不利なのは、ある意味この点です。

お金というコストでは、1回ごとで比較するとナンパは有利です。

ですが、ナンパでセックスまでしようと思うと、それ相応の努力が求められます。

努力が実ると、好みの女の子とお手軽にセックスできたりしますが、そこまでの道のりが長いと言えますね。

ナンパは一朝一夕で、毎回、女の子を連れだしてセックスできるようになることはありません。

そのため、数多くの人がナンパに挑戦してみて、破れていくわけです。

簡単なようで続けるのがとても難しいのがナンパですね。

ただ、そこを抜けると本当にオイシイ思いが待っているので、ぼくはやり続ける価値があると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパ挑戦者。 34歳にしてナンパに 挑戦することを決意。 学生時代はいじめられてロクな生活でなく 他人との接し方が分からなかった。 専門学校卒業後はフリーターが 続いたという。 そこから人生を変えるために ナンパという方法を取った。