ダメナンパ師になるやってはいけないナンパ方法

こんにちは、としやです。

今回は「やってはいけないナンパ方法」というのをお伝えします。

これは「こういう行動が痛いからやめとけ」とか、そういう類のものではありません。

「ナンパで成長するにはどうすればいいか?」という視点のものです。

かつての僕がそうだったので、これをやってるとナンパでは成長できないよ、と思うことをお伝えします。

ただ、僕の印象では、こういう人は数多くいるんじゃないでしょうか。

少なくとも、まだこれから成長過程にある人、始めたばかりの人は、そういう感じでした。

これの辛いところは、出口が見えない、というところだと思います。

もちろん、ナンパはある程度定期的にやり続けないと上達はありません。

また、ナンパに出なくなるとスキルが落ちてしまいます。

ここで一番つらいのは「上達の糸口がみえない」というところですね。

なので、そのためのヒントになることをお伝えします。

「ナンパした相手をどうしたいか?」という視点を持つ

あなたはナンパした女の子と、どうなりたいですか?

多くの男性は「セックスしたい」という返答だと思います。

僕自身も、それは変わっていません。

そういう最終目的を設定するのはいいことだと思います。

ただ、僕がやってしまっていたことは、そう思いながらも、それができていないことです。

これは零時レイさんの『ナンパが最強のソリューションである』にも書かれています。

「ナンパなんてチャラいことをしながら」という部分です。

僕も「ナンパなんてチャラいこと」をしながら、女の子に気を使っていました。

その結果、相手に気を使い、自分が傷つかない、つまらないトークになっていたのです。

ですが、『ナンパが最強のソリューションである』にも書いてるように「種まき」をしないと結果は出ません。

『ナンパが最強のソリューションである』から抜粋するなら「ラブホ行こ!」と直接言うことが必要なのです。

「セックスしたいからラブホ行こ!」というのは道理です。

僕もそれをするためにナンパに手を出しています。

でも、女の子にそういう会話を振ったことはありませんでした。

女の子を恐れて「相手を傷つけない、自分が傷つかない、エロくない」会話ばかりしていました。

女の子から見てば「ザコ」だったでしょう。

自分に気を使ってヘコヘコする男です。

「男にグイグイきてほしい」「引っ張ってほしい」と思う女の子にはひびきません。

『ナンパが最強のソリューションである』の「ラブホ行こ!」という言葉には、僕が出来てなかったことを気付かされました。

この本は本当にすごいと思います。

いくつかナンパの書籍は読んできました。

ですが、『ナンパが最強のソリューションである』のように、小手先の方法ではなく、ゴールに対してのアプローチ法の本はなかったと思います。

ナンパを続けていれば、ショボ腕でも女の子と会話はできるようになります。

出来るようになりますが、正直、それ止まりになる可能性もあります。

ここで、自分がどういう種をまいて、どういうゴールに向かうのかを明確に設定する必要があります。

そうでないと、ナンパがいつまでたっても上達しないように感じるでしょう。

なんとなく女の子に声をかけて、なんとなくトークして。

これではダメです。

ラブホでセックスしたいなら、いっそ「ラブホ行こ!」と言ってしまった方がいいです。

やってはいけないのは、トークで気を使いすぎること。

女の子をほめたりということも必要になるかもしれませんが、それには「落とすトーク」も必要です。

ただ相手を褒めていい気分にさせようとするトークは意味がないと思います。

それは合コンで女の子に気を使って女王様をやらせるのと、何が違うのでしょうか。

あたりさわりのないトークは、相手に突きささりません。

もっというなら、その態度、ですね。

気を使ってる態度で、気を使ってるトーク。

ザコな男あるあるってかんじになってしまいます。

あたりさわりのないトークでも、演出で絶大な効果を発揮することも『ナンパが最強のソリューションである』には記されています。

ただ、分かってなかった僕のように

「嫌われまい、嫌われまい」

と、トークをしていたら、それは態度にも出ます。

女の子にも察知されます。

結果、女の子はこっちに興味を持たず、Lゲも連れ出しもできません。

セックスなんてまた夢です。

「嫌われない」を改善する方法

相手にへりくだらない、嫌われないナンパを脱出する方法は、自分のゴールを決めること。

これが第一だと思います。

そして、ゴールを決めたら、そこにどんな種を蒔くことが必要かを考える必要があります。

セックスしたいなら「ラブホ行こ!」ですね。

もちろん、それだけが答えではないですが。

まず連れ出したいなら、連れ出すための種をまく必要があります。

「あそこのカフェ気になってるから行こ!」とかでもいいし「のど乾いたからマック行こ!」でもいいわけです。

導線をセットする必要がありますね。

もちろん、いきなりそれだけで女の子は応じてくれません。

ただ、導線をセットしないとそのゴールには行けません。

僕はそれが中々できてなかったから、そういう打診も怖いからやりにくい、やらない、ということも多かったです。

相手の言動にブレない、折れないこと

女の子を連れ出しに誘っても、「いや、いい」と断られることはよくあります。

僕もそうでした。

トークは長く続いても、中々そういうのに繋がらない。

打診しても、断られたら引き下がってしまう。

この辺も、まだまだ「女の子に譲ってるナンパ」ですよね。

まずここで必要なのは「粘る」ことです。

「断られたら引き下がる」ことをしてると、ナンパは上達しません。

結果も出ないので、ズルズルナンパに出なくなっていきます。

なので、その女の子の言い分は聞き流して、トークを続けることが重要となります。

断られても、何事もなかったかのように話す。

断られたら、トークを少しずらしてまた打診。

ということを行います。

これの本質は、粘ることもですが、女の子の言動に一喜一憂しないことです。

相手の言動にテンションが左右され、それが態度や声のトーンに左右される。

これは女の子に「ダメな男」とされる原因となります。

女の子の言動に惑わされるというのは、相手のペースに乗っていることになります。

そうなるとイニシアチブは取れません。

女の子が何を言っても、あくまでも事務的に捉えることです。

ナンパの時に、心を乱されないことが重要です。

これについては、何度もナンパして、ナンパに慣れる必要があります。

結局、一番上達する方法は、実戦でナンパし続けることです。

いくら情報を得ても、自分で体感し、自分の経験値となってないことを体現することはできません。

『ナンパが最強のソリューションである』にも書いていますが、「機械的にやれるようになるまでやる」ことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパ挑戦者。 34歳にしてナンパに 挑戦することを決意。 学生時代はいじめられてロクな生活でなく 他人との接し方が分からなかった。 専門学校卒業後はフリーターが 続いたという。 そこから人生を変えるために ナンパという方法を取った。