ナンパ下手でも準即経験!?1ヶ月の奇跡

こんにちは、としやです!

今回は、過去に俺がナンパして、準即までいったことの話をしたいと思う。

この経験で、俺は本当に「ナンパは確率のゲームだな」ということを学んだ。

つまり、ナンパ初心者でもエッチできちゃうかもしれない、という証明になったと思う。

ナンパで思い切って一声かけることが、実力がなくても、トークがつたなくても、女の子のゲットにつながる可能性もあるのだ。

ただし、それには別の意識も必要になる、ということも、その時学んだ。

上級ナンパ師との合流がキッカケ

もう何年も前、ナンパを一度始めてみて、1ヶ月にも満たないときに、とあるナンパ師さんから「合流しませんか?」とのお誘いをいただいた。

当時、アメブロでナンパブログをちょくちょく付けていた俺は、合流の申請をすぐに快諾し、K街で合流することになった。

その方の名前はTさんという。

確か30分ほど遅れてK街に到着されたと思う。

Tさんは、結構遠方から来られていたこともあるだろう。

会った瞬間に、そのナンパ師としての完成されたスタイルには圧巻された。

もう見た目から雰囲気から、俺がそれまでに合流した中の初心者ナンパ師とは違うのだ。

俺と最初に合流してくださった、Kさんと同じような雰囲気を感じた。

そして、実際、それは事実だった。

Tさんは最初のうちはしばらく、俺についてナンパを見ててくれたり、指名してくれたりしたのだ。

かつ、Tさんもナンパすることを忘れない。

好みの女の子を見つけたら、サクっと声をかけに行って、番ゲを軽々こなす。

しばらくTさんと一緒に行動したり、分かれたりしていたが、途中でTさんから俺にある使命が下された。

それは

「今日ナンパで達成する目標を決めましょう!」

というものだった。

俺はそれまで、なんとなくナンパに出て、何となく声をかける、ということだけをしていた。

そうではなく、その日に達成する目標を決めると良い、とTさんは言うのだ。

そこで俺は

「今日中に15声かけして、その中で1番ゲする」

という目標を立てた。

そこからまたTさんとは別行動。

俺は目標を達成するために、とにかく声をかけた。

まだ地蔵を克服していなくて、声をかけるたびに心臓がバクバクだったが、定期的に声をかけていった。

そして14人目に声をかけたときに、運よく連れだしができたのだ。

トークとしては、本当に大したこと言っていない、以前に、アウトな部類に入るものだろう。

「こんにちは!

 どこ行くんですか?

 もし良かったお茶でもしませんか?」

という感じのものだ。

普通の女の子なら

「いえ、急いでますんで」

とか断りを入れると思うが、その子はそう言っただけで

「うん」

と、応じてくれたのだ。

今思えば、その子はナンパに応じそうな服装とかをしていた。

着ている服というか、その組み合わせが悪いのか、どうもチャチっぽいというか、チグハグな感じがするのだ。

一応、女の子の顔とかは、中の中くらいで、まあ悪くないかな、という感じ。

そういうズレた子の一定数が、ナンパに応じてくれたりするのだろう。

たとえ見た目が地味でも、ファッションがズレてない子は、こんな声かけじゃ普通に応じてくれない。

俺はその女の子と近くのカフェに行って、女の子が食べたいというパフェ1つ注文して、それを2人で食べる、とかいう展開になってた。

いきなり声をかけた男と、スプーンが別とはいえ間接キス状態になるのに、抵抗は無いのだろうかと思ったものだ。

世間話をしつつ、パフェを食べ終え、そしてカラオケに誘うとこれもOK。

うーむ、個室で2人きりになってエッチになことしたいと思って誘ったら、OKされるとは。

当時はもうエロいことができるかもしれないと、内心興奮状態だったわけですが。

で、近くのカラオケに行って、実際に1時間、キスしたり、パイ揉みしたりできました。

でもエッチはグダられた。

単純に、「生理だから今日はダメ」と言われた。

帰りしなにメールアドレスを聞いて、それでその日は別れた。

女の子と別れた俺は、まだ声かけ人数が1人残っていたので、声をかけたが、ガンシカで終わって、そこから帰路についた。

その女の子とは後日アポが取れて、1週間後にまたK街で会い、すぐにラブホ行って4時間ほどエッチすることができました。

というのが、ザックリとしたオレの準即経験だ。

「こんな声かけはダメ」とされてる声かけでも、相手が相手なら、エッチすることは可能という実体験である。

まあそこからがナンパの活動が徐々に減っていき、何年も経ってしまい、いまから再挑戦、ということになったわけである。

まとめ

・合流してくれるナンパ師のレベルが高いほど、成長は望める

・結果が出るかどうかは、結局自分の行動次第

・結果を出すために、その日出したい結果を決めるのは有効

・自分の胸の内だけじゃなく、合流したナンパ師に宣言することが効力を発揮する

・とにかく声をかけなければ始まらない、というのがナンパという再認識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパ挑戦者。 34歳にしてナンパに 挑戦することを決意。 学生時代はいじめられてロクな生活でなく 他人との接し方が分からなかった。 専門学校卒業後はフリーターが 続いたという。 そこから人生を変えるために ナンパという方法を取った。