ナンパに出れない!コンプレックスが原因の一例

こんにちは、としやです。

日々、仕事が自宅作業で、外出が億劫な状態です。

ナンパに全然行ってない状態が続いてます。

それも記録していこうと思います。

この辺りのことも書いていくことで、「ナンパする」と言ってながら行かない心理状態。

行く前の心理、行動をどうしたかにも繋がるかと思います。

ナンパに「行かない」という気持ち

ナンパは「やろう」と思っても、すぐに行くのが面倒臭くなったりします。

街に出て女の子に声をかけたらすぐにセックスが出来るなら、別かもしれません。

まあそれだと、ナンパやセックスの価値も下がってしまって、逆にナンパが注目されなくなるかもしれませんが。

要するに、「ナンパでの成功体験」が無いと、ナンパに出ることが苦行になり、行かなくなってしまいます。

ナンパ師では、よくあることじゃないでしょうか。

僕自身は、仕事を自宅でしているということもあり、外に出ること自体が「面倒になってる」という面もあります。

こういう時の気持ちは

「今日はまあいっか」

って感じなのです。

「今まで行ってないから、今日行かなくも一緒でしょ」

なんて思っちゃうわけです。

こういう気持ちの時、それは諦めとかというより、ホッとしています。

ナンパでコンスタントな成功体験を出せないと、ナンパが辛くなります。

楽しめなくなります。

つまり、ナンパして楽しい経験をしたいのに、そのナンパが苦しいのです。

ナンパをしようと思うと、苦しくて嫌な気持ちが胸に広がります。

だから、「行かなくてもいい」と思ったら、ホッと安心してしまうのです。

「これはダメなことだ」と分かっていても、安心する方を取ってしまう。

今の状態になれてるから、身体が変わることを拒否してるんですね。

今が楽だから、楽なままでいいじゃん、と。

これは僕は仕方のないことだと思ってます。

無理やり変わろうとすると、スタートは切れても、余計に変われなくなってしまう可能性があると思います。

ナンパでいうと

「ナンパに出て声をかけてみたけどガンシカ食らった。

これなら出てモテなくも一緒じゃん」

と元に戻ってしまう感じです。

経験することで、より変わらなくなってしまうかもしれません。

ナンパに出れないことの解決法

これの解決方法を僕が明確に持てるわけじゃありません。

ただ、「これじゃないか」というのはあります。

それは「自信」です。

たとえば僕は顔の肌の見た目にコンプレックスが酷くあります。

毛穴が開き、皮脂が詰まり、いちご鼻、オレンジ肌状態です。

今僕は、それを変えるために行ってることがいくつかあります。

1:飲み物を基本水にする

2:お菓子を極力避け、砂糖を取る量を減らす

3:美容皮膚科に通う

というものです。

1と2は、あまり難しくありません。

水以外だと、朝に微糖のコーヒー(ネスレの1L)や豆乳、たまに発泡酒を飲むくらい。

コーヒーを飲んでるのは、僕が過敏性腸症候群で、便秘がちだからです。

それが朝にコーヒーを飲むと、腸が動いて、便が出たりします。

まあ、基本飲み物は水が大半です。

「2」の砂糖についても、週にお菓子を食べることが1度あるかないかくらいです。

これらを行ってるのは、僕の顔の毛穴が開き、脂性だからです。

美容皮膚科に行ってると言っても、中身も変えないと意味がないと思ったからです。

「3」の美容皮膚科は、この前まで『ウルトラ美白レーザー』というレーザー照射を受けてました。

ただ、10回近く行って効果が実感できてないので、『フラクショナルCO2レーザー』に変えるつもりです。

既に院にも予約済み。

『フラクショナルCO2レーザー』を受けた後は、5~7日間、またナンパに出れないと思います。

施術直後は肌に穴をあけるため、顔がドット柄になります。

また、その施術を受けた後に赤みなどが引いて、人前に出れる状態になるのに最低5日間くらいかかる。

これが施術を受けた人の感想だからです。

ですが、そのダウンタイムが終わったら、行くつもりです。

まあ、日焼けしてはいけない、という条件付きではあります。

なので、1時間とか日光の下に入れないでしょうけど。

『ウルトラ美白レーザー』については、メラニンとかに作用して、ピーリング効果や毛穴縮小効果がある

らしいのですが、その効果は実感できずでした。

「5回程度で実感できてくる」となっていますが

「その回数超えてるけど、何が変わったの?」状態です。

『ウルトラ美白レーザー』の痛みも、美容サロンで行うヒゲ脱毛より軽い痛みくらいです。

「効果」に直結してるとかは無いと思います。

ただ、これだけ開いて皮脂が詰まってる毛穴に痛みも何もないと、そんな簡単に変わるわけもないのかな、と。

なので、より直接肌に作用がありそうな施術に変更するわけです。

1年とか長期間に渡る治療になりますが、まあ仕方ないです。

5回とか超えてきたら、たぶん受ける前の比較すると効果も見えてくるはず。

で、1年も待ってられないで、1度目の施術とダウンタイムが終わったらナンパに行こうと思います。

「自信」とは関係ないように思われるかもしれません。

ただ、僕の場合は肌の汚さが1番コンプレックスでナンパに出にくい、というのがあります。

なので、このことも書きました。

『フラクショナルCO2レーザー』も、ここでレポートするかもしれません。

とりあえず、僕は肌の調子が良くなれば、より自信を持ってナンパに出れると信じています。

「自信」は人それぞれだから、考えてみると良いと思う

僕のコンプレックス、自信という部分について書きました。

これを読んだあなたは、「自信を持つ」ということを考えてナンパしてほしいと思います。

ナンパは自信が無いとできません。

まず街に出れません。

自信が無いから、声をかけられません。

もし声をかけられても、女の子に「自信の無さ」を悟られたらアウトです。

僕自身、繰り返しますが「自信」を持たないとナンパに出ないだろうと自分で思ってます。

で、出ないことに安心してしまう。

これじゃいかんのです。

僕の人生が変わらない。

やばい。

変わりたい。

変わらなきゃいけない。

行動しなきゃいけない。

外に出てもナンパしない日々が今の状態

買い物とかで、デカいイオンとか、繁華街に行くことにあります。

それこそ、ナンパスポットの街に行くこともある。

でもナンパしてないのが今の状態です。

今日も小説を買いに行ったりしました。

買ったのは『この素晴らしい世界に爆焔を2 ゆんゆんのターン』です。

この巻だけ、飛んでたんで。

あと、『物語』のつくり方の本をAmazonで注文。

オタなんですが、一度小説書いてみたいかなー、と思ってたので。

行った書店にもあったのですが、状態がちょっと買うのには引く、状態だったので、ネットで買うことにしました。

行ったのはイオンだったのですが、JRの駅に直結タイプのイオンです。

なので、改札出たら1分でイオン。

そういう場所なので、人通りのもそれなりにあります。

まあ、周囲は繁華街とかじゃないので、ナンパできるかはわからないところですが。

でも駅では出来るだろう、という環境。

でもしないんですよね。

まあ、ナンパしようって髪型とか靴とか履いてませんでしたが。

こういうマインド状態が、ダメなんです。

外に出たらナンパできるようにヘアスタイルを作っておく。

靴も恥ずかしくないものにしておく。

ナンパにおいて、非常に重要なことです。

やらないのは、僕の倍はやっぱり肌コンプレックスがでかい、というのがあります。

早く変えてしまいたいです。

今日はこんなところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパ挑戦者。 34歳にしてナンパに 挑戦することを決意。 学生時代はいじめられてロクな生活でなく 他人との接し方が分からなかった。 専門学校卒業後はフリーターが 続いたという。 そこから人生を変えるために ナンパという方法を取った。