女性向けLINEテクニック(アウトプット用)

「LINEの返信が彼から来ない」と悩む女性へ

基本的に、男性と女性ではLINEの使い方が違う。

男性からLINEが来ないのは当たり前。

基本的に男性は仕事優先。

LINEが来ないからといって、愛情が冷めたわけじゃない。

男性のプライベートは「静かにしたい」と思うもの。

1人で趣味の世界に入ったり、映画を見たり、読書をしたり。

ストレス発散を孤独で行うのが男性。

女性のように、人に話を聞いてもらって発散しようとは考えない。

「1人にしてほしい」というのが男性の基本思考。

だから、LINEが彼から来ないことに悩む必要はない。

1週間、2週間くらい返信がないことも男性にとっては自然。

頻繁に催促してはいけない。

どうしても返信が欲しいことや、急用の場合は直接電話すること。

男性は絵文字を使わない

絵文字を使って感情を表現することに抵抗がある。

使う人もいるが、使わない人も珍しくない。

ただし、LINEはコミュニケーションツールではあるものの、文章主体。

なので、文章では誤解を生みやすい。

特に、男性は「おじさんメール」を送りがち。

女性のように、LINE=会話ツール、という認識ではない。

男性環境下でしかLINEをしていない人は、男性的LINEになりがちな人もいる。

男性と女性の違いなので、そこは性差と認識すること。

デートの約束で必要以上の会話をしない

男性にとって、LINEは連絡手段。

コミュニケーションツールと考えてる女性とは違う。

だから、雑談になると男性は面倒くさくなって返信しなくなる。

相手に合わせるなら、必要な事柄をやりとりだけして、深く雑談しようとしないこと。

話したいことが男性にあるなら、必ず返信が来るし、文章も長文になりがち。

男性にそれが無いと、「面倒くせーな」と思われてる可能性がある。

LINEは女性からの返信で終わらせる

女性はLINEで相手からの返信があることを望むかもしれない。

だが相手が乗ってない限り、男性は深くやり取りするのを面倒くさがる。

なので、常に相手からの返信を望むのではなく、女性が送ったLINEでやり取りを終わらせる。

返信の義務を相手に課してはいけない。

女性が「自分のことを理解して欲しい」なら「男性の特性」も理解する必要がある。

?を使いすぎない

予定の確認や、相手に具体的な質問がある場合以外は「?」を多用しない。

「?」を使うということは、相手に返信の義務が生じてしまう。

拘束され続けることを男性は嫌う。

だから、デートの約束での時間や場所の確認など、必ず「?」が必要なとき以外は「?」を使うこと控える。

イエスセット法を使う

男性向けの恋愛心理学でも言われるイエスセット法を、女性も活用する。

使い方は、小さいお願いをすること。

取るに足らないものでいい。

「それ取って」とか、相手も苦にならない、片手間でできるものを頼むこと。

それをコツコツ積み重ねることで、相手もあなたのお願いを断りにくくなる。

また、相手からも「してあげたい」という欲求が強くなる。

既読スルーも返事のうち

男性が既読スルーをしても、気にする必要はない。

男性にとってそれは「返事をしなくても済んだ」という意思表示。

「これに返さなあかんの?もういいでしょ。」という感じ。

そもそも返事をしたくない相手なら、意図的にトークルームすら開かない。

既読にするのは、男性が女性に興味がある証拠。

メッセージを送っても未読になってしまう場合は、ブロックされたか、あなたとのトークルームは開きたくないという意思表示。

また、LINEで繋がっていても、セックスさせない女性は突然終了するのも普通。

男性にとって価値があるのはセックスさせてくれる女性。

セックスさせないのに、ズルズル引っ張ってやり取りしていのは、心理テクニックを上手く使ってない限りは厳しい。

「こいつ全然ヤラせてくれねーじゃん、もういいわ。」ということになる。

性欲が行動原理の男性にとって「ヤラせない女はマイナス」でしかない。

金と時間の無駄である。

だからこそ女性も、セックスする気の無い男性とは付き合うべきではない。

セックスしてない関係でも、2人でデートするということは「今日はヤレるか?」と男性は狙っている。

なので女性側も、その気が無い相手は即切るべきである。

力では抵抗できないのだから、切らないと危ない目に遭うのは女性側。

不倫関係やセフレも同様。

そのような関係は、男性にはメリットがあるが、女性には無い。

「責任は負いたくない」のが男性心理。

不倫関係は、男性は別れるわけないのである。

不倫がバレれば、不貞側の男性、女性の双方に慰謝料が発生する。

そのような社会的責任を男性が負ってまで不倫関係の女性を取ることは無い。

その関係を取るには借金地獄が待っているからだ。

なので「不倫だった」と女性は分かった瞬間、即関係を断つべきである。

断たないと、社会的責任が発生し、最悪、裁判になる。

裁判になると、その事実関係は永久に日本の裁判記録に残ることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です