ナンパ声かけの第一声:地蔵せずに迷わず使える1つのフレーズ

あなたも悩むナンパの第一声

こんにちは、さのっちです!

今回は「ナンパの声かけでの第一声」について解説します。

ナンパを始めた方が最初につまずくのが

「声のかけ方が分からない」

ということですよね。

「なんて声をかければいいのか」

「何を言えば女性は反応してくれるのか」

「何を言うと女性は笑ってくれるのか」

というような色々な疑問がわいてくるはずです。

そして自分の中で中々「これだ」というものを見つけられずに、足が動かない人もいます。

これを『地蔵』と言うのですが、これは誰しも直面する問題です。

悩んでいるのはあなただけではなく、僕も、僕の友人も悩んできた問題です。

なので深刻に考えないでくださいね。

『地蔵』というのは自転車のペダルをこぐ勇気が今は出ないようなもの。

そのうち「スッ」と出来るようになることなのです。

ですが、その第一歩の一声目に何を言えばいいか分からないから難しいんですよね。

ネットやYouTube、Twitterには色々な声かけ方法が出ています。

あなたは「どれが正解か分からない」と悩んでると思うんですよね。

なので今回は「これを言う」ということを1つに絞ってお伝えします。

今回お伝えする声かけの第一声目は今でも僕も使っています。

ナンパ初心者でも使いやすく、熟練者でも声かけのスタートとしてやりやすいフレーズです。

ナンパの熟練者でも開始時は体が温まってなくて、声かけが怖いんです。

すぐに声をかけないと地蔵してしまいかねません。

そこでスタートしやすい声かけで温めて、乗ってきたらアレンジを取り入れています。

このフレーズを使うことで、街に立っても動かなかった足を、自然と動かすことが出来るようになります。

ナンパスタートのハードルが格段に下がり、女性への声かけ数を稼げるようになりますよ。

もう街で見かけた美女に対して

「声かけたかったけど行けなかった」

「次こそは声をかけよう。

 でも、なんて言えばいいんだろう…。」

なんて悩む必要は無くなるんです。

普通に声をかけて、普通に美女と話せるようになっていきます。

色んな女性とまず話すことで、カフェなどへの連れ出し、連絡先交換はもちろん出来るようになります。

それだけでなく「すぐにラブホテルへ」という展開も起こる可能性がありますよ。

「ナンパ始めたばかりなのに、もう即れた」

という日が来るかもしれません。

この声かけフレーズに限らず言えることなのですが、すぐに声かけしてスタート出来ないナンパは『地蔵』にハマッてしまいます。

『地蔵』はハマると中々抜けだしにくく、次への声かけがやりにくくなるんですよね。

女性への声かけに対して自分の中でブレーキが発動してしまいます。

「声かけに行けなかった…。

 次こそは!」

「またダメだった…

 でも次は!」

『地蔵』にハマとこんなことが延々と起こってしまうんです。

怖いのはこの状況に慣れることなんですよね。

地蔵に慣れて焦らなくなってしまったら、ナンパ出来なくなってしまいます。

ただ街に立ち尽くしてるか、散歩してるだけの人となるでしょう。

こうなると、ナンパしてる人じゃなくて「ナンパに挑戦しようとしてる人」ですよね。

街に出てるだけでは中々「成長してる」という感じも出ません。

もちろん、街に出てナンパしようとしただけでも、始めたばかりの人には大きな成果です。

最初はみんな地蔵に悩みます。

あなただけではありません。

ですが、地蔵に慣れて、地蔵で終わってほしくはないんです。

「ナンパが楽しくない」

「地蔵ばかりで何もできないし」

なんてことになったら、あなたの挑戦も無かったことになりかねません。

そういう状況を脱出するためにも、まずはサクッと声かけを決めて、地蔵しない自分を作って行きましょう。

「すいません。」で始めるナンパの声かけ

では地蔵しないための第一声をお伝えします。

それは

「すいません。」

というフレーズです。

「これだけ?」

なんてあなたは思いませんでしたか?

そうです、これだけです。

この第一声を使えば、まず話しかけて女性とトークする状況を作れます。

「”すいません”なんて誰にでも言える。」

とか

「”すいません”で上手く行くはずないでしょ。」

とか思われるかもしれませんね。

ですが第一声は「すいません」で問題ありません。

「すいません」と第一声で入る理由は、ナンパの声かけハードルを極端に下げるためです。

「すいません」だと、女性からしたら「道を聞きたい人かもしれない」ですよね。

ナンパではなく、困ってる人が声をかけてきた可能性があります。

なので、よほど怪しい人じゃない限り、女性も反応がしやすいフレーズです。

そしてこちらも「すいません」なら心の負担が軽くなります。

ナンパ、女性相手に限らず、誰にでも普通に使えるフレーズだからです。

すぐにパッと使えるフレーズで声かけをすることで、第一声に悩まず声をかけられます。

ナンパのスタートと言うのは「悩まずに声かけをする」というのが大事です。

なので、熟練者でも初心者でもナンパスタートしやすいフレーズで声かけをするというのは重要なんですよね。

第一声で

「なんて声をかけよう」

とか悩むのは、正直、時間が無駄になるんですよ。

せっかく街に出てきたのに、あなたの貴重な時間が「何もしてなかったこと」になります。

ただ立ち尽くしたり、歩き回ったりして足が疲れるだけです。

何もしてないのに

「ナンパって疲れる」

なんて思い、ナンパが面倒臭くなるのはもったいないのです。

なので、極端にハードルを下げた「すいません」を活用して、パッと地蔵を脱出しましょう。

「すいません。」より重要なメラビアンの法則

「“すいません”というフレーズでいいのは分かったけど、それでもそんなのでいいか信用できない。」

「もっとフレーズをひねった方がいいんじゃないか」

なんてあなたも思われるかもしれませんね。

ですが、根本的な問題は「すいません。」で声をかけるかどうかではないんですよ。

はっきり言ってしまえば、女性はこちらがなんて声をかけてきたかなんて覚えていません。

たぶんあなたも具体的に毎回同じフレーズを使って声をかけない限り

「あの子にはこう言って声をかけたな」

なんてことは毎回覚えていませんよね。

なので「”すいません”というフレーズを使ったからナンパが成功しない」

ということはありません。

声をかけられる女性も第一声にこだわっていませんので。

ナンパされた女性は声かけがどうかとかよりも

・その人といて楽しそうか

・その人が自分から見て魅力的か

などが判断基準になります。

その点は声をかけてみなければ分かりません。

こちらが出来ることは最大限、選ばれるルックスや雰囲気を身に付けることです。

そういう部分が『メラビアンの法則』と言えますね。

第一声がどうかとかよりも

・話し方

・雰囲気やルックスの情報

という方が遥かに重要です。

「なんて声をかけたか」ということは、女性には重要だとほぼ思われていません。

これは男性側からしても同じですよね。

「女性なら誰でもいい」

と言う人がいたとしても、本当は「誰でもいい」なんて思っていません。

好みはあっても、基本的に若くてスタイルがいい美人がいいはずです。

ナンパする側の男性も、女性をルックス、雰囲気で選んでいます。

ルックスに関しては女性の方が男性より圧倒的に頑張っているんです。

女性から見て男性のルックスが重要視されるのは当然ですよね。

なので、ナンパの本質的に言えば

「声かけは何でもいい」

ということになります。

これは2時間あれば15番ゲは軽くできるナンパ師の方も言っていました。

ですがナンパ発展途上の人にはこの「何でもいい」というのが一番難しいんですよね。

なので、その「難しい」をなくすために「すいません」というあなたも言いやすいフレーズで声かけをしましょう。

重要なのは女の子に声をかけてナンパをスタートすることです。

たくさん女性に声をかけてると、声をかけて、相手の反応を見つつトークすることが出来るようになります。

それが出来るようになるには、ハードルが低いフレーズでどんどん声をかけて、女性と話すことを当たり前にするのが先決です。

「すいません。(なに話すか考えてなかった)」

という感じで、まずはどんどん声かけをしていきましょう。

何も話せなければ

「すいませんでした。」

とその場を去ればいいだけです。

とにかくハードルを低くスタートして、それを継続するようにしていくのが、ナンパ上達のコツですね。

では、今回はここまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です