アラサーが素人の女の子で童貞卒業した出会いの方法

こんにちは、さのっちです。

今回は『出会いのない男性にはナンパがオススメ』という話をします。

もしあなたが

「いま、全然出会いがなくて悩んでる」

「職場はおばちゃんしかいなくい、若い女性と縁が無い」

「アプリとかで出会うのは抵抗がある」

「アプリに課金してまでガッつきたくない」

というような悩みを抱えていたら、5分ほどお付き合いください。

ナンパは普通の男性が現実にやってる行為

ナンパというと多くの男性は

「チャラいやつがやるハレンチ行為だろ」

みたいに思ってるでしょう。

ヤンキーみたいなやつが、派手なギャルに声をかけたり、女性を強引に誘う行為というイメージがあると思います。

「そんなナンパなんて現実ではなくて、ドラマとか漫画の中でたまに出てくるくらいのもの」

という感じがしますよね。

まあ、そういう作り物のありきたりなナンパが現実であるかは知りませんが。

ですが、現実的にはナンパをしている男性はいます。

そして中には毎日のように別の女性とセックスしているナンパ師も存在するのです。

『ワンナイトラブ』を毎日やってる感じですね。

そういう男性がかなり特殊なのかというと、そうでもありません。

ナンパをするとなると、日本では珍しい存在だとは言えます。

ネットの情報の発達で、ナンパに挑戦する男性は増えました。

ただ、みんながナンパに挑戦しているかというと、全然そんなことはないんですよね。

やはりみんな日本人的というか、ナンパに対するネガティブなイメージが強いからというのもあります。

街で女性声をかけるということが現実にできると思えていないんですね。

「そんなのみんなやってないし、やるの恥ずかしいし」

とかは普通に思いますよね。

僕もやる前は思ってましたよ。

例えばイタリアの男性だったら、ナンパするのが当たり前、みたいに思ってたかもしれません。

ですが、ここは日本です。

ハレンチ的なこと、他人に迷惑になることは、やってはいけないと強く思わされています。

自分と周囲のこれまでのイメージが、ナンパに対する行動を起こすことができない要因の1つになっているんですよね。

だから、この記事を書いてる僕も、ナンパをしたことがないあなたからしたら、変な存在だと思っているはずです。

「元々、学校でもクラスのカースト上位で、大学でもパリピで、完全な陽キャキャラだったんでしょ!?」

なんて思ってることでしょう。

ですが、全然違います。

そんな要素は僕に1%もありません。

アラサー底辺がナンパで童貞卒業

僕は中学ではいじめられてました。

高校は受験せず、親が先生と相談して、通信制の高校に行かせてくれました。

オタクをこじらせ、バイト代は全部オタクグッズに注ぎ込んでいたんです。

3DCGの専門学校に行きましたが、努力することができず、卒業後はずっとフリーター。

比較的まともな稼ぎになったの自体、つい最近のことです。

つまり「大学でパリピ」なんて存在してませんでした。

高校、大学を出て、就職して正社員や契約、派遣社員を続けているあなたの方が、よっぽど立派です。

もしかしたらフリーターの方がこれを読まれているかもしれません。

ですが、今はネットから収入を得ることも出来ます。

なので、諦めないで何かを続けていれば、そのうち道は開けますよ。

そしてナンパは、その一端を担う可能性は十分にあります。

26歳まで童貞。

27歳になる直前に滑り込みセーフで童貞卒業。

アラサーまで何にもなく、風俗にもメイド喫茶にも行けなかった男ですから、ナンパでセックスできてるんです。

「こいつには俺、勝てるでしょ」

なんて思ってるあなた。

勝てます、大丈夫です!

ナンパはパリピである必要も、陽キャである必要もありません。

「女性と出会いたい」

という気持ちがあり、行動できればできるようになります。

普通の男性が普通の恰好で女性に声をかけるのがナンパ

ナンパというと、チャラい格好、ヤンキーみたいな格好をしなければできないんじゃないかと思われてるかもしれません。

ですが、普通の格好でもナンパは十分にできます。

普通の格好で、女性から連絡先を聞き、後日飲みに行き、ラブホでセックスすることは可能です。

まず、僕がナンパするときの服装はユニクロですからね。

全身ユニクロです。

コテコテさせず、スマートなシルエットと配色にするよう考えて着ています。

なので、街で見かけても

「コイツナンパ師だ」

なんて思われることはまず無い格好です。

どこにでもいる、誰でも着ている服で、女性に声をかける。

ただこれだけです。

たぶんこう聞くと

「俺でもできるでしょ!」

なんて思えてくることでしょう。

それでいいんですよ!

あなたもできますから!

もちろん、実際に声をかける行為が目前に迫ったら、壁はあります。

ですが、誰でも越えることができる壁です。

挑戦しようとして入れば、乗り越えることができます。

あなたも子供のころ、自転車に乗る練習をしましたよね。

最初はペダルを漕いで、スムーズに走ることが、難しいというより怖かったと思います。

なかなかペダルで漕ぎ出せない。

でも、足で蹴って自転車を前に進めていたら、自然とペダルで漕いでいましたよね。

そしてそれから今まで「自転車を漕ぐのが怖い」なんて意識したことはほぼなかったはずです。

ナンパの声かけもそんな感じなんですよ。

最初はやったことないことへの恐怖がつきまといます。

「ナンパしに来たんだ」

なんて思ったら、ただ女性に話しかけることが恐怖に感じてしまうんです。

最初はできない。

でも、1度、2度、できなくても、街で

「女性に声をかけよう」

と思っていたら、声をかけれていた、ということが起こります。

初めてナンパで女性に話しかけたら、高揚感で胸がいっぱいになりますよ。

「俺でも、俺でもできたんだ!」

という興奮で、気持ちが落ち着かなくなります。

そして、1度できたことは、2度目もできるようになります。

3回、4回、と続けていたら

「女性に声かけるなんて当たり前じゃん」

という意識に変わっていきます。

少しずつでも続けいてくことで、ナンパの声かけも大したことでは無いものに変化していくんですね。

そして女性に声をかけてみたら、意外といい反応が返ってくることに、勇気づけられるはずです。

声をかけても迷惑そうな顔をせず、笑顔で返してくれることが多いです。

実際に声をかけてみたら

「ナンパは恥ずかしくて迷惑な行為」

という認識は無くなっていきますよ。

中にはお礼を言ってくれる女性もいますからね。

例えば僕の例で言うと

「ラブホ行きませんか?」

なんて声かけをしても、笑って返してくれた女性がほとんどです。

「誘ってくれてありがとう!」

とか

「頑張ってください!」

とか言われてましたね。

まあ「頑張ってください」はからかわれてる気もしますが。

「こいつ頭おかしい」

なんて声かけをしても、意外と女性にウケるということが、わかっていただけると思います。

※もしあなたがこんな声かけをしても、結果への責任は取りません。

ここでは

「意外とナンパしてみても女性にバカにされない、迷惑に思われないんだ」

とわかっていただければ幸いです。

ナンパは意外と難しい行為ではない

このようにアラサー童貞でモテにも無縁だった男ですら、ナンパした子とラブホに行く経験もしてるんです。

その事実があると

「俺の方がスペック上だから出来るんじゃね?」

と思えるはずです。

これまで

「ナンパなんて現実ではありえない」

と思っていた出会いの行為が、実は普通の男ですらやっていました。

他のナンパ師の方も、普通の会社員の方が多いですよ。

特別な職業とか、ホストとかの人とは、会ったことはありませんね。

もちろん中にはいますが、出会えたことはありません。

また、ホストじゃなければナンパは成功しない、なんてことはありません。

僕にナンパを教えてくれた方や、現師匠はホストの経験が無い方です。

別にホストのようなモテ界隈にいなくても、ナンパは極められます。

ナンパは普通の男性でも十分できる出会いの奇襲作戦です。

ナンパをすることでたくさんの女性に自分から話しかけることになります。

その中から、色々なコミュニケーションが取れる女性も出てくるでしょう。

そういう女性と出会い

「女性は特別なものじゃない」

という認識を構築することで、どんどんモテるようになっていきます。

ナンパはこちらから相手を選んで出会いを作るには最適のツールです。

マッチングアプリだと

「来たヤツが○タだった」

なんてことが十分ありえます。

脅すわけじゃ無いですが

「塚地さんですか?ご本人ですよね?」

というおばさんが来たことがありますからね。

「来たらどんな女性でも抱こう!」

と決めていた僕でも、正直

「ラブホ打診したくねー!!」

と真剣に思ってました。

雑に「ホテル行こう」と打診して、見事に相手が引いてくれて良かったです。

ナンパでは少なくともこういうことは起こりにくいというメリットがあります。

「マスク美人」はあっても「ブ○さん」がくることはないので。

ナンパはこちらが相手を見て選べるお見合いです。

もちろん、最初からガンガン結果を出せる人はマレですよ。

ただそれでも、これまでモテない時間を過ごしてきた男性からしたら

「たったこれだけ頑張れば」

という時間で結果を残すことも可能な行為です。

ナンパでもお金稼ぎでも

「やるかやらないか」

だけで決まることが大半なんですよね。

結果が出ない人は単純に

・継続できない

・数を打ててない

・行動してない

ということが当てはまっていますから。

例えばナンパで「1日100声かけ」しても、それが毎日続かないとスキルは伸びません。

それよりも1日1声かけを365日切らさない人の方が強くなれます。

ナンパは積み立てで伸びる行為です。

1日1日の結果を気にする必要はありません。

数ヶ月先、1年先に大きな結果が出るということを意識してください。

あなたがいま、女性と出会いがないことに悩んでいるのであれば、ナンパも視野に入れて行動してみてください。


僕は今、ナンパでゲットした彼女やセフレがいて、セックスに困らない生活を送っています。

セックスのためにオナニーができない状態になってますが、超怪しいですよね。

「ナンパでゲットしたなんて、お前にはモテる才能があったからだ」

と思われるかもしれません。

ですが、僕はアラサーまで童貞で、女性が全く周りにいませんでした。

だから女性と話すことに全く慣れてなかったんです。

それに金無し、学無しの3重苦。

そんな僕でも自信を得て、ナンパで女性とセックスできるまで成長することができました。

どんな人でもちゃんとやれば、ナンパで女性とセックスできます。

その方法や必要な要素は、下記の記事で公開しています。


僕さのっちが実践したナンパで
たくさんの女性とヤリまくれる方法


下記の記事をクリックして
↓ヤリまくれる方法を知る↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。