女性にモテるようになりたいなら、見た目と清潔感は徹底して気を遣え

こんにちは、さのっちです。

今回は『モテるための見た目と清潔感』というお話をします。

以前にも別のテーマに絡めて見た目と清潔感の話はしました。

ただ見た目はモテることにおいて最も重要な要素なので、改めてまとめたものを動画にすることにしたんです。

とは言っても先に要注意なのですが、『モテるための見た目』をしたからといって、それで女性が寄ってくるようになることはありません。

男性が見た目を整えるのは、女性にアプローチした時にOKをもらうためです。

「見た目を整えたから俺もモテるようになるだろう」

と思って待ち構えていても、一向に女性が寄ってくることはありませんので、ご注意ください。

そう言うと

「なんだ、それってモテるようにならねーじゃん」

なんて思うかもしれません。

そんな考えをしたあなたはマズいですよ。

僕に一番最初にストリートナンパを教えてくれた方がいたんです。

その方は、声をかける女性から次々と連絡先を交換して、女性とセックスしまくっている方でした。

名前をKさんと言います。

そのKさんがナンパにおいて、モテることにおいて一番大事なこととして僕に教えてくれたのが「見た目」でした。

Kさんは言ったんです。

「チャラければチャラいほどモテる。」

Kさんははっきり言って、ナンパ界の頂点とも言える方でした。

ナンパで書籍を出してることでも有名な方たちと、たくさんナンパされていたんです。

YouTubeでも、ナンパ師の方がナンパ動画を上げていますよね。

あれって連続で成功しすぎて胡散臭いと思いませんか?

僕でも思います。

失敗を見せてる方は中々いないですからね。

ですが、Kさんは本当に声をかけたら成功の連続を叩き出すナンパ師だったんです。

目の前であまりも成功を叩き出しすぎていて、ネットなら疑うレベルだったでしょう。

ただ、Kさんは僕の目の前でガンガン成功していました。

そんなモテまくるKさんが「一番大事」というのが”見た目”なんです。

ただし、今回は”多くの人が取り入れられる見た目”を解説します。

いきなりKさんレベルは厳しい方が多いでしょう。

特にこのチャンネルの目的は『童貞卒業』ですからね。

僕自身、アラサーの童貞でしたから、そういう人がモテるレベルの見た目にするのがものすごく抵抗があることはよくわかります。

なので今回は女性から及第点をもらうレベルの見た目に焦点を当てます。

それができたら、よりモテるための見た目をすることも難しくないですよ。

モテるために最も大事なテーマの1つなので、ぜひ最後まで動画をご覧くださいね。

それでは本編スタートです。

モテない童貞をモテる見た目に改造する

まずは見た目の改善から解説します。

見た目というと

ファッションの改善
服装、髪型、メガネ

ですね。

女性にモテるようになる髪型にしよう

まずは髪型から解説します。

なぜならイケメンを作るのに髪型はとても重要だからです。

多くの人の顔面偏差値には大差がありません。

顔面偏差値で差をつけるのが髪型なんです。

50%は髪型次第と言っていいでしょう。

なので、見た目を変えるためには髪型がとても重要なんです。

女性から見てあなたに似合う髪型にする方法は、自分で決めないことです。

最適なのは、美容院で美容師さんのアドバイスに従うこと。

美容師さんは多くの人の髪を切ってきています。

ですからあなたの顔の形に合った髪型も、理解しているはずです。

自分に似合う髪型にするには、プロの意見に従うことが重要。

モテない人の意見は不要なんです。

なぜならその髪型、ファッションは他人が見るものだからです。

女性という他人にモテたいのだから、他人の意見が最も重要ですよね。

「俺は普段この髪型だから」
「俺はこの髪型が好きだから」

なんて意見はどうでもいいんです。

そういう自分のこだわりがあるから、モテないんですよね。

それをやっていいのはモテる人だけです。

モテたいなら、あなたのこだわりを捨ててください。

また、モテるための本とかネットには

「男性は短髪黒髪が爽やかで一番いい」

と書かれていることがあります。

ですが、僕はオススメしません。

なぜなら短髪は、顔の輪郭がモロに出てしまいます。

僕の顔は片方の頬骨が飛び出しているので、短髪にすると不細工になるんですよね。

今の僕の髪型も、美容師さんの意見を取り入れてカットしています。

そして黒髪についてです。

モテてる人なら黒髪でいいと思います。

ですが、長年モテない人だと黒髪では、雰囲気が重すぎる可能性が高いんですよね。

僕自身、彼女に黒髪の頃の写真は陰キャすぎて、ドン引きされたことがあります。

明確に拒絶されましたね。

例え黒髪でも、雰囲気が明るめに見える方なら問題ありません。

ですが、髪型や色、服装から雰囲気に陰キャ感が出ている人は、髪を染めた方がいいでしょう。

染めても気に入らなければ、黒髪に戻すことはできます。

難しいのは、ブリーチで脱色して明るくすることですから。

暗めの茶髪なら1回の脱色でできますが、明るい金髪や銀髪は2回の脱色が必要になるので、相当時間がかかります。

ですから髪を染めたい方は、まず美容院にカウンセリングを申し込みましょう。

そこから施術時間とかの提示がされます。

僕もやっちゃったことが何回かあるのが、やりたい施術に対して時間が足りないことです。

そういうことにならないために、カウンセリングで髪型、カラーを決めるのがオススメです。

次は服装から解説します。

どんな女性も受け入れる服装の基本を押さえよう

服のブランドについては、ユニクロやGUでOKです。

ブランド物の服を使っても構いませんが、必須ではありません。

ブランド物の服を着てるからといっても、男性がモテるようになることはないからです。

女性は男性のブランド物に詳しくありません。

ユニクロ、GU、その他ブランド物でも、ポイントはシンプルにすることです。

“オシャレ”にするからといって、奇抜な服は必要ありません。

むしろ奇抜な要素は、あればあるほどマイナスになります。

だからこそユニクロやGUなのです。

ユニクロで売ってるシンプルなシャツ、Tシャツにデニムのパンツやスキニーで十分です。

特に夏はこれくらいシンプルでも問題ありません。

カッコいいシルエットになるサイズ感

サイズはジャストサイズを選択してください。

オーバーサイズが流行ることもありましたが、どんな時でも外さないのは自分の体型にキッチリ合う服です。

例えばMのサイズがぴったりの人が、1サイズ大きいLを買うことはしないでくださいね。

モテるために重要なのは”スマートに見える”ことです。

なので、オーバーサイズはあまりオススメしません。

冒頭でお話ししたKさんの見た目も、非常にスマートなシルエットにまとめていました。

Kさんは冬でも細身に見えるように、厚着はしないそうです。

「寒くても耐えてナンパする」と言っていました。

つまり細い体型、スマートに見えることはモテるために重要ですね。

モテるためには敢えてカラフルな色は避ける

色で言えることは、カラフルなものは避けることです。

ですから



グレー
ネイビー
ブラウン
その他彩度が薄い色

というのが基準になります。

服は上下の組み合わせなわけですが、まず全体的に統一感のある配色にしましょう。

例えばシャツが白、アウターがブラウン、パンツが黒、靴がネイビー、だとゴチャゴチャしていますよね。

なので3色くらいでまとめるのがオススメです。

また、白と黒の組み合わせは定番でもありますが、似合わせるには難しいとも言われる配色です。

なので、黒のスキニーならグレーや他の彩度を抑えた色のシャツを使う方がいいでしょう。

また、黒×黒もやめた方がいいですね。

厨二病臭さが出てしまいます。

モテる靴は女性も履けるモノを選ぶこと

次は靴について解説します。

靴も服と同じで、ごちゃごちゃしないものを選ぶのが基本です。

また、女性も履けるようなユニセックスタイプの方がウケもいいでしょう。

男らしさ、無骨さは不要です。

NIKEやadidas、converse、PUMAなどから、ユニセックスタイプの靴を選びましょう。

もしくはビジネスタイプの革靴もオススメです。

オススメ出来ない革靴はホストのように尖った物ですね。

尖った革靴は勘違い男臭がするので、やめましょう。

メガネは陰キャ感が出てモテなくなるので外すことを推奨

次はメガネについてです。

メガネをしている方は、外すことをオススメします。

モテることにおいてメガネは不利な要素です。

僕も何人ものナンパ師の方から「メガネはない方がいい」と言われてきました。

僕が選んだ道は『レーシック(PRK)』です。

コンタクトでも良かったのですが、レンズのメンテナンスや、視力がどんどん落ちていく自分の目を考えて、レーシックを選びました。

コンタクトで何度も度合いを調整し直すのが、面倒だったんですよね。

レーシックは目のレンズを削る手術なので、一度やってしまうと戻せません。

ですので、レーシックに興味がある方は、本当によく考えて、どうするか決断しましょう。

僕はレーシックをしましたが、決して推奨する気はありません。

もちろん、僕の場合はネットで騒がれたような後遺症はありませんでした。

「よく見えすぎて気持ち悪い」
「光が眩しすぎる」

ということはなかったです。

過剰な光のハローについては経験しましたが、これは術後間も無い間のみです。

今はなんとも思いません。

元々視力が0.1を大幅に下回っていたので、元の眼とも比較しようがないんですよね。

コンタクトのメリットで、レーシックのデメリットは紫外線対策です。

コンタクトレンズはUVカットができますが、レーシックの眼はできません。

ですから、見た目をあまり気にせず外出するときは、伊達メガネをかけています。

手術した病院の先生いわく

「紫外線対策はした方がいい」

ということなんです。

つまり視力が良くても悪くても、UVケアのメガネやサングラスはした方がいいのでしょう。

ただし、ナンパするときはメガネを外しますけどね。

概要欄に僕が手術した眼科を貼っておきます。

その病院は”レーシックの実績が眼科医では関西No.1”としても有名な病院です。

また、他のクリニックと違って、手術費用が高くないこともメリットですね。

清潔感こそモテるための基本中の基本

ここからは清潔感についてお話しします。

清潔感の項目は

髪型
眉毛
鼻毛


ヒゲ
ツメ


メガネ

などですね。

髪型

さすがに女性と会う時に、寝癖のままという方はいないと思います。

自分に合う髪型にして、YouTubeなどでワックスなどを使用したセット方法も学んでおきましょう。

定期的にカットすることも忘れずに。

眉毛

眉毛は毛の質にもよると思います。

僕は剛毛で、眉毛は放置したら変な方向に伸びてしまうんです。

清潔感がなくモサモサになります。

なので、バリカンで長さを3mmにして刈っていますね。

眉毛カッターより、バリカンの方がカットしやすいと思います。

ですが、男性のモデルさんとか見てたら普通に伸ばし放題だけど、方向は整ってるので、放置気味でも問題ない人もいるんですよね。

なので、自分の眉毛が伸ばしても問題ないのかは、鏡を見て判断しましょう。

もう1つ眉毛で重要なのが形です。

いくら伸びる方向が整っている眉毛でも、形がダサかったら意味がありません。

なので自分の顔に合わせて眉毛の形を整えてください。

形の土台からはみ出る毛は切るか、抜いてください。

眉毛は顔の表情を決める、ものすごく重要なパーツです。

放置せずに、小まめに手入れしてくださいね。

鼻毛は、言うまでもないですね。

鼻から飛び出ないようにカットしましょう。

鼻毛は眉毛カッターでカットすると便利ですよ。

肌は人それぞれという要素がより強い部分ですね。

僕自身も毛穴の問題などで、肌がキレイとは言えません。

皮膚科でピーリングしたり、ダーマペンやフラクショナルCO2レーザーという、毛穴を縮小される施術も経験しています。

まあ、中々効果が出るのは難しいですけどね。

かなり費用もかかるので、ガンガン通うこともできませんし。

ケア方法がわからない方は、皮膚科に相談するのも手です。

歯が黄ばんでいたり、虫歯治療をしていないのはNGです。

口というのはキスをします。

だから口の中の見た目が汚いのは絶対ダメですね。

タバコのヤニで汚れてるとか、あり得ません。

女性とキスするために、タバコを止めることも推奨します。

モテたいのか、タバコを吸いたいのか、どっちかにしろと。

もう1つ重要な要素が歯並びです。

歯並びを治すとなると、保険治療ができません。

ですが、それでも治療を推奨します。

もう一度言いますが、口は女性とキスをするところ。

キスを重要視する女性は多いです。

ですから、口のトラブルはしっかり治療をしてください。

歯並びが悪いと、男性から見てもキスする気が起きなくなりますよね。

それだけキスすることと口内環境は、密接に繋がっています。

ヒゲ

ヒゲは伸ばしてる人は少ないと思いますが、モテることにおいて、剃った方が無難です。

ヒゲを伸ばしてる人が好きという人は、女性から見ても少数派です。

“清潔感”ですから、さっぱり剃っていた方がいいのは言うまでもありません。

剃るのが面倒な人は脱毛するのも手です。

僕自身も脱毛して、ヒゲを処理しています。

最初はRINXという、フラッシュ脱毛のサロンに行っていたんです。

ですが、フラッシュ脱毛では全く効果がありませんでした。

脱毛で効果を出せる、医療脱毛やニードル脱毛は施術する人も資格が必要です。

サロンの脱毛は資格が要りません。

誰でも施術できるのがサロンですが、フラッシュ脱毛では出力が足りないんです。

その分痛くはありませんが、通わないと元に戻ります。

レーザーの出力が弱くても、料金は医療脱毛と大差がありません。

サロンの脱毛は「安い」というイメージを押し出す傾向にあると思います。

ですが、価格に大差はなく、打たなくなると効果が終わるサロンは、コスパはかなり悪いと思います。

僕自身も最初に10回10万円コースをRINXで申し込みました。

しかしそれで効果は現れず、5千円×5回ほど施術したんです。

それでも効果はほぼ0だったので、通うのをやめました。

RINXのレーザーは、はっきり言って痛くありません。

出力によって違うはずですが、それでも痛かったことはありません。

逆に医療脱毛は、それはもうすごく痛いです。

1発単体で見れば「こんなもんか」という痛みでも、それを連続で細かく照射されます。

なので終わった時には体がぶるぶる震えて痙攣することも、普通にあります。

例えばリゼというクリニックは医療脱毛専門で、コスパも悪くありません。

リゼは施術する人に麻酔クリームを販売してくれますから、それを塗って施術に挑むこともできます。

麻酔クリームを塗っても痛みは強いですが、体が痙攣しなくなるくらいマシにはなるので、結構効果があります。

ヒゲ脱毛の注意点は”毛周期”です。

今生えてくる毛は、全体のごく一部です。

僕自身、医療脱毛で15回は照射しています。

2020年2月に脱毛を始めて、定期的に打っていますが、まだ完全ではありません。

ある程度は毛が生えてきます。

つまり脱毛はそれだけ長期間かかります。

興味がある方は、その時に始めないと、それだけ終わる時期が延びますからね。

ツメ

ツメはモテることにおいては必ずと言っていいほど、注意ポイントに挙げられます。

なぜなら女性の性器に触れるからです。

相手の穴の中まで触れることになります。

ですからツメは必ず短く切る必要があります。

相手の性器を傷つけないように、ツメ垢が入らないようにしなければいけません。

女性は相手の手をよく見ています。

その手を見て、セックスしていいかどうかの判断材料にしています。

ですからツメを含めて”キレイな手”というのはとても大事なんです。

女性と会う時には必ず、手の見た目のキレイさにこだわってください。

服と靴

恐らく意外と多いのが、シワの入ったTシャツにあまりアイロンをかけてないとかですね。

あまりにもクシャクシャなら、アイロンをかけましょう。

着る時にも、必ずシワがたくさん入ってないか、ヨレヨレでくたびれた服になってないか、チェックしてください。

靴も、男性はあまり気にしてなくても女性は見ているポイントです。

靴がキレイかどうかで、だらしない人間じゃないかをチェックされています。

靴もモテることにおいては仕事道具。

なのでクリーナーなどを揃えて、頻繁に磨いておきましょう。

革靴は定期的にクリームを塗り、キレイな状態を維持してください。

メガネ

次はメガネについてです。

メガネは無い方がいいのですが、いきなり外すことも難しいですよね。

メガネについては、女性と会う時は特にレンズの汚れに気を配ってください。

レンズが指紋や油で汚れていると、一発でNGを食らいます。

清潔感ですから、細かいところにまで気を配りましょう。

以上がモテるための見た目や清潔感についてです。

モテるための見た目と清潔感は、数多くの媒体で語られています。

ですが残念ながら、多くの男性が守れていないんですよね。

僕は他のナンパ師の方と、何人もお会いしてきました。

少なくとも半数くらいは

「その見た目ってどうなの?」
「それで清潔感があると言えるの?」

と疑問を投げざるを得ない人がいたんです。

それだけモテない人、童貞の人は、見た目と清潔感に対しての認識が「甘い!!」としか言えない現実があります。

モテる人はほとんど問題ないんですよ。

モテる人ほど見た目に気を使ってますし、文句のつけどころが無い方ばかりです。

モテる人たちがそれだけ気を使っている見た目と清潔感を、モテない人が気を使わなくていい理由はありませんよね。

モテてないんだから、モテない人の何倍も気を使う必要があるんです。

あなたも今一度、自分の見た目を見直してみてください。

というわけで、今回はここまでにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。